吉田カバン(ポーター)がやっぱり一番!

吉田カバン大好きな不動産職人が自分が愛用しているバッグやアイテム、新作商品などをご紹介。

【吉田カバンとソフトバンクC&Sがコラボ】PORTER × Power Leaf、次世代バッテリー技術Power Leaf内臓バッグを12月20日発売。ソフトバングHPで予約受付中。

 f:id:fudousancom:20181205214933p:plain

f:id:fudousancom:20181205215008p:plain

吉田カバンの人気ブランドポーターと他ブランドとのコラボ企画は、新しいタイプの商品を生み出すキッカケ。

今回は、何とあのソフトバンクの関連会社であるソフトバンクC&Sと吉田カバン・ポーターがコラボレーション。

ソフトバンクC&Sの次世代バッテリー技術Power Leafを使ったモバイルバッテリーを内蔵しており、パソコンやスマフォ、タブレットなど多くの機器を使っても外出時に困らない!

ノートパソコンを持ち運びするなら大きめのPORTER RUCKSACK、スマフォやタブレットならPORTER SLING SHOULDER BAGがいいですよね。

12月20日発売ですが、ソフトバンクのHPではすでに予約開始。

私もPORTER SLING SHOULDER BAG買うか悩んでおります。、

 

PORTER RUCKSACK × Power Leaf&PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf

ソフトバンクHPより

吉田カバンは1935年の創業以来、日本製にこだわりカバンを作り続けてきた老舗カバンメーカーです。今回のコラボレーションアイテムは、ビジネスユースに最適なリュックサックと、デイリーユースに適しているスリングショルダーバッグの2タイプです。リュックサックには独立したパソコンの収納ポケットなど、ビジネスシーンに欠かせない機能が搭載されています。スリングショルダーバッグは、コンパクトながらも十分な収納力を備えており、デイリーユースはもちろん、さまざまなシーンでお使いいただけるアイテムです。両製品に採用した素材は上品な光沢を持つナイロンツイルで、表面にはテフロン®ファブリックプロテクター加工、裏面にはPVC加工を施し、防汚性・撥水性に優れています。

両製品には、薄型・軽量が特長の次世代バッテリー技術「Power Leaf」を採用したモバイルバッテリー「Ceramic Battery Board」が付属します。「Ceramic Battery Board」は、切断しても発火や液漏れが発生しない高い安全性と、3,550mAhの大容量ながらも約4.7mmの薄さを実現しています。「Ceramic Battery Board」が収納できる専用ポケットを設け、ショルダーストラップに取り付けて操作が可能な、PORTERロゴを刻印したオリジナルのコントローラーも付属しています。これにより、バッグからバッテリーを取り出すことなく充電・給電できるほか、ベルトに取り付けたケーブルクリップによって充電コードが絡まる心配もありません。また、探し物を音で探せるスマートトラッカー「Tile(タイル)」の専用ポケットも用意しました。

価格(税込)は、「PORTER RUCKSACK × Power Leaf」 5万9400円 「PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf」 3万9960円です。

 

このカバンとアップルのi-padやi-poneとは互換性が非常に良さそうです。

 

ハイテク親父目指して、いっちょ買ったりますかい(笑) 

 

予約申し込みは下記ソフトバンクHPより

老舗メーカーのカバンと次世代バッテリー技術が融合、PORTER × Power Leafコラボバッグを発売 | ニュース | ソフトバンク コマース&サービス株式会社 | 企業情報 | ソフトバンク

ブログランキング参加中、応援のポチお願いします。


人気ブログランキング

  

【広告】

 

【その他の最新ポーター×コラボ】

www.pen-online.jp